WiresharkをWindows10にインストールする方法【最新3.0.1対応】

Wiresharkとはパケット解析の定番ツールで

こいつがなければパケット解析は始まらないと言っても過言ではない有名なツールだ

主な機能はPC上に流れているパケットをキャプチャーして画面に出力する

厳密に言えばPCのインターフェースに流れているパケットだがそこはいい

tcpdumpのGUIバージョンだと思ってくれ

今回はWindows10にWiresharkをインストールする方法を解説するぞ

Wiresharkをダウンロードする

Wiresharkはhttps://www.wireshark.orgで配布されている

ダウンロードはダウンロードページからダウンロードしろ

今回は安定バージョン(Stable Release)のバージョン3.0.1で行う

Windows Installer (64-bit)をクリックするとダウンロードが始まるぞ

インストラー起動

インストラーをダブルクリックで起動するとインストラーが起動するぞ

画像は2.6.6だが3.0.1でも大丈夫なはずだ。

実行には管理者権限が必要なのを注意しろ

インストラー画面

インストールするためにNextをクリックだ

利用規約同意確認

同意しなきゃインストールできない。

各自確認してI Agreeをクリックだ

追加コンポーネントの選択

Wiresharkは様々なコンポーネント(プラグイン)がある。

デフォルトでチェックの入っているのは基本的に常に必要になるものばかり

全部チェック外してインストールすると後々再インストール等面倒な事になるからデフォルトのままにしておけ

3.0.1のWindowsバージョンはWinPcapからNpcapに変わってるから注意だ

ショートカット・常に開くファイル指定

こちらは任意に変えてもらって構わないが私はデフォルトのままにする。

下のFile ExtensionsはExtensionsってところの拡張子のファイルをWiresharkで常に開く設定にするかを聞いている。普通にそのままを推奨する。

インストール先指定

自分の自由な所にインストールすると良い。

もしUSBにインストールする気だったらWindows PortableApps® (32-bit)をダウンロードページからダウンロードしてそちらをインストールするんだ。後ほど解説するNpcapがインストールされているWindows PCであればUSBから起動することが可能だ。

Npcapのインストール確認

Windowsでパケットをキャプチャする場合必須となるツールだ。

もし.pcapファイル等のファイルの解析しかしないのであれば不要なツールだが、PCに流れるパケットをキャプチャするのではあれば必須なので予定が無くてもインストールすることを推奨する。

Wireshark以外のツールでもパケットキャプチャ関係では必要となるぞ

WinPcapとはネットワークを流れるパケットを解析ドライバ。 libpcapをWindowsに移植したものだ
バージョンが3.0.1の場合Npcapのインストール確認に変更になっている。
機能としてはWinPcapとさほど変わらないが、WI-FIのモニターモードに変更昨日などWinPcapより多くのメリットを持っているので気にしなくていいぞ
画像はWinPcapのママだがそこらへんはよしなにしてくれ

USBPcapのインストール確認

これはUSBに流れる通信をキャプチャすることが可能となるツールだ。

無くても良いが、今後USBの中身も覗いてみたいと思っているのであればチェックを入れろ

今回はこちらのコンポーネントのインストールには触れない。

インストール

前画面でInstallをクリックするとインストールを開始する。

Npcapのインストール

Wiresharkのインストール時にWinPcapをチェックを入れているとWinPcapをインストールするインストラーウィンドウが出現する。Nextを押してインストールを継続するんだ

Npcapにインストラーが起動するので手順通りにNextで進もう

規約確認

各自よく規約を読んで同意したらI Agreeを選択しインストールを継続だ

画像はWinPcapだがNpcapのものと考えてI Agreeだ

自動スタート確認

WinPcapのドライバを起動時に自動起動するかの確認だ。

チェックを入れたままにしてInstall開始をしろ

インストール完了

インストールが完了すると自動的に画面が切り替わる。

Finishを押してWinPcapのインストールを終了しよう

まだWiresharkのインストールは終わってないので焦って画面を消さないように

インストール継続

インストールされるので待とう。

USBPcapをのインストールにチェックを入れていたら再度別のインストラーが起動するのでインストールを済ませておこう。

一分もかからないうちに終わるが、インストールが終わっても全体の画面は切り替わらないから注意して見ろ

インストール完了

全体の画面は切り替わらずにプログレスバーの上にCompletedと表示されたらインストール完了だ。

Nextを押してインストールを終了させるぞ

インストール終了

この画面まで来たらインストール完了だ。

Wiresharkの動作を確認したいのであれば、Run Wireshark 3.0.1 64-bitにチェックを入れてFinishを押して終了と同時にWiresharkを起動しろ推奨する

起動確認

起動するとメイン画面が表示される。

ここから.pcapファイルを開いたりパケットキャプチャを行うインターフェイスの指定などを行う。

試しにキャプチャしてみたいならイーサネットをクリックすると画面が切り替わりパケットをキャプチャする。

終わりに

今回はWiresharkをインストールした。

これは環境を構築したに過ぎないが大いなる一歩を君たちは踏み出してであろう

質問があれば大歓迎、コメント欄で質問してくれ。

次回ではWiresharkの画面の見方を説明する。